2007年08月13日

衝撃の事実。


土曜日、コテママさんやブブ男さんママなど
いろいろな方から薦められていた、
鵠沼にある皮膚病専門の「米倉動物病院」さんに行ってみた。



連休初日の晴天の朝、帰省ラッシュと江ノ島ラッシュに巻き込まれ
3時間前に家を出発したというのに、到着したのは予約時間5分前…。
危ないところだった。




院長のおじいちゃん先生が出てきて、すぐに診察開始。


診察台に乗せられたプーさんを見るなり




yo1.gif



どうやらアカラスであることを疑っている様子。





yo2.gif

院長先生、プーさんを嗅ぎはじめる。






そして断言。

yo3.gif


「ええぇ〜!で、でもアカラスが検出されたって言われたんですが…」

「じゃ、顕微鏡でみせちゃる」

と、症状のひどい患部をコリコリして皮膚を採取。
助手の人が念入りに顕微鏡で調べる。

「アカラス、ないですね」

「えええええぇぇぇ〜〜!」

「ほら言ったとおりじゃろ、こんなもん見りゃ分かる!
この顔はアレルギーの顔だ!」

「じゃ、じゃあ今までの治療はいったい…」


愕然とするaotaに、助手の人があわててフォロー。

「いや〜多分最初は検出されたってことで本当にアカラス
だったんだと思うんですよ。でも途中でアカラスは治ってて、
同時に出ていたアレルギー性の発疹が残ったので
分かりにくかったんじゃないかなぁ」




「何に対するアレルギーなんですかね〜食物ですかね」
と聞くと、


「明言はできませんが、アカラスに対するアレルギーの可能性もありますね。
アカラスが治っても長期間アレルギー反応が出ることもあるんですよ」
とのこと。



とりあえず血液検査して、薬を調合してもらった。


血液検査するだびに何度か言われているが、
今回もプーさんの臓器系は11歳にしては元気らしい。

だけど甲状腺ホルモンT3と副腎皮質ホルモンが低下しているので
(歳なので仕方なのい範囲ですが…と前置きされたけど)
副腎機能低下や元気が無くなって動きたくなくなったりするし

なにより白血球数と好酸球数が極端に増加しているので
アレルギー・アトピーを発症してしまっているようだ。


免疫力を上げまくったおかげか、アカラスはいなくなったが
またあの厄介なアレルギーとの闘いになってしまった…。

これからまた作戦を変更&練らねばならない。

助手の人に説明してもらいながら、やや暗い気持ちに
なってしまっていると、院長先生が遠くから助手の人に



「お〜い、アレは説明したかね。」

「あ、いえ、まだです、ははは、説明しますか?」

「な〜にをやっとるのかね!アレが一番大事なことだろう



な、なんだ?とaotaが不安げな顔をしていると院長先生がやってきて


yo4.gif
と力説してくれた。


「帰りにスーパーによって市販のアンコ買ってきなさいよ。
あれに包んじまえばどんな犬だって苦い薬を簡単に食うから!
いいね!アンコだよ!これ肝心だからね!」


アンコのすばらしさを説いて院長先生は去っていった…。



でもご飯にふりかけたら普通に食べてしまってたので
アンコは買ってません。ごめんなさい院長先生…。








その後、うちに帰って診断説明書を見てると

yo5.jpg





ん?







yo6.jpg






どこまでもアンコ押しである。





ニックネーム aota at 11:48| Comment(23) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントですかexclamation&question
不思議な先生ですね〜。
実は、ぷるのすけも先日病院にいったら
『なおりましたね〜』って。
アカラスってそんな簡単に治るもの???
って思ってたんです。
もしかしたら、アレルギーだったのかも???

ぴかぴか(新しい)『あんこ』ぴかぴか(新しい)
うちももしもの時のために
頭の片隅に覚えときまするんるん
Posted by 沙夜 at 2007年08月13日 11:59
アハ、アハ、アハ・・・笑いすぎて汗が・・・。
すごい!ただ者じゃない先生ですね。いきなり匂いをかぐ、そしてアンコかぁ。いや、やはり処方通りアンコにくるんでみた方がよいのでは・・・。
Posted by fukufuku at 2007年08月13日 12:10
アカラスは治ったんですね〜!!凄いビックリです!!アレルギーとアトピーですか・・。これは又大変ですね〜!!以前お渡ししたアロマオイルのティートリーはアトピーにも効果的と言われていますよ〜!!ぷーちゃんもママさんも頑張れー!!
それにしても「あんこ」そんなに一押しアイテムなら、私も何かあった時の為に、頭においておきます(笑)
声を出して大笑いしてしまいましたよ!!
赤ペンで直すくらいですから、本当にお勧めなのでしょうね!
Posted by J&Hママ at 2007年08月13日 12:42
な。なんと。。まぁ。
ホントに衝撃の事実ですね。
匂いでそうではないと診断できてしまうなんて。
ムツゴロウさんも真っ青ですね。

でも、とりあえず、アカラスが治ってよかったじゃないですか!
アカラスって大人になってからの発病だと治り難いんですよね?
aotaさんの愛情の賜物ですよ。

アンコ、、その先生のご実家は小豆農家系なのでは?と思ってしまいました。
アンコ押し、凄い(爆)
Posted by rie at 2007年08月13日 13:46
■沙夜さん
おお〜!ぷるのすけ君もアカラス治ったんですか!
それは良かったですね〜!
ぷるのすけ君は若いし、発症も部分性だから早かったのかも?
あんこはどうですかね〜(笑)
小豆だけの甘さで作ったやつだったら体にも良さそうかも?

■fukufukuさん
いや〜只者ではなかったですよ〜
医者というよりも呪術師のようでした(笑)
ん〜あそこまで力説するのだから
あんこ、使ってみたほうが良いかしら?

■J&Hママさん
おかげさまで、aotaの気づかぬ間に治っていたようです(笑)
引き続いてティートリー沐浴は続けますよ〜
なんたって肌にはいいし、良い匂いもするので。
家族にも好評です。
あんこ、どうしても薬拒否の時には使ってみますよ〜
ほんと、わざわざ赤ペン修正するくらいですからね〜(笑)
使ってみないと悪いような気さえしてきましたよ。

■rieさん
匂い診断はなかなか新鮮な光景でした。
多分アレで患者を状態を知ることのできる医者は
あの院長くらいではないかと思います(笑)
そうですね〜!老人性の全身性のしかも医原性アカラスなんで
完治は10%以下とか言われていたので
あまりのスピーディー完治に拍子抜けしてしまいました。
またいつ発症するかわからないので気は抜けませんが
ともあれ本当に良かったです(TーT)
Posted by aota at 2007年08月13日 17:15
初めまして!
ずっと前からファンで逐一読ませてもらってます(笑)
ときに泣くほど笑えるaotaさんのブログ大好きなんですよね。
よかったらリンクさせていただいていいですか?
Posted by オレママ at 2007年08月13日 22:19
すごいですね〜、おじいちゃん先生。
ニオイで診断できることとアンコ押し。
きっと助手さんの「ははは」って
乾いた笑いは そんなに重要では・・・?
と思っていたに違いない(^。^)。
でもあんこ一途な先生かわいいです。
正しい診断が出てよかったですね。
うちも膿皮症でブツブツしてて大変
なんです。
お互いにシャンプー頑張りましょう♪
Posted by ふじこ at 2007年08月13日 23:08
アンコがなかなか手に入らない貴重な食材に思えてきました(笑)。
押しますね〜。そんだけ押すってことはワンちゃんにも良いって
ことでしょうね。甘くて体に悪そうですが…。
あ、砂糖無しのアンコですかね?やっぱり。
アラカス治って良かったですね〜(^^♪
Posted by のん at 2007年08月14日 00:39
おじぃちゃん先生の診察のご様子に
衝撃を受けました☆
思わず、私まで えぇぇぇ?えぇぇぇぇぇ?と叫んでしまいましたよっ。
匂いで判っちゃうなんて恐れ入りました☆

でも、プーさんにも恐れ入りましたっ。
アカラスに勝った!!イエイ♪
プーさんマジック?
aotaさんマジック?
とにかく素晴らしいです!やったー!!

『あんこ』連呼で
ウチのあんこが何かしたのかしら・・・と
途中、ビクつきました(笑)
あんこ繋がり(?)ってことで、理由なく
おじぃちゃん先生って良いヒトじゃん?なんて思った私です♪
Posted by めぐみ at 2007年08月14日 09:25
頼もしい先生との出会いで衝撃の8月13日
でしたね。
アレルギーとの付き合いは続きますが、
アカラス解放の事実が判明した事は
お祝事ですね。すごいぞプーさん。
aotaさん同様私の体もほとんど糖分で
出来ております。アンコ大好きです。
Posted by ガウ子 at 2007年08月14日 10:39
■オレママさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
泣くほど笑ってもらえてるなんて嬉しいですね〜
リンク歓迎ですよ〜ありがとうございます!(^ー^)

■ふじこさん
空ちゃん膿皮症になっちゃたんですか…
可哀想に、大変ですね。
プーも膿皮症を併発してました。
あれもやっぱり免疫力を上げることが大切みたいですね。
細菌に負けない皮膚を作るということで。
うちはシャンプー禁止令が出て、
いまはティートリー沐浴ですが
お互い頑張りましょうね〜!

■のんさん
ははは、確かに貴重な食材のような言い方ですよね(笑)
先生は「そのへんのスーパーに売ってる市販のあんこでいいんだ!」と
力説してましたが、加糖あんこはどうも抵抗が…
自宅で手作りあんこに挑戦してみますか!

■めぐみさん
アカラスにいつの間にか勝利していたようです(笑)
やっぱり免疫力を鬼のように上げまくったのが功を奏したのでしょうか。
とは言っても気を緩ませればすぐに再発するでしょうから
油断は禁物ですけどね!
あんこ連呼すみません(笑)
あんこを愛する院長先生はきっと良い人ですよ。
というか、あの商売っ気0過ぎる病院の外観だけで
先生の人柄が分かったような気がします。

■ガウ子さん
唐突過ぎるアカラスからの解放に
まだどこかで疑心暗鬼になっているaotaです(笑)
油断するとまたわっと出てくるんじゃないかと…ドキドキです。
ガウ子さんも糖分体ですか。
aotaは路上に寝転がると蟻が群がってきそうなくらいの糖分体です。
お肉にしたらラードしか取れません。
お鍋用にスーパーで無料で置いてるアレです。
Posted by aota at 2007年08月14日 18:01
はじめまして!
いつも楽しく読ませていただいてます。
もう、今日はおなか痛いくらい笑いました。
今、うちのボニィは顔がカイカイで大変です。
私も、コテままさんの紹介で気になっていた病院ですが行かれたのですね。
今回のお話でさらに気になる病院になりました。
それから、アンジンさんでしたっけ
主人の実家が岡村なので今度寄ってみたいと思っています。
aotaさんとプーさんフクロクさんに会えるのを楽しみにしています。

Posted by み〜らん at 2007年08月14日 18:42
すばらしいおじいちゃん先生ぴかぴか(新しい)
あんこのごり押し!!
うちは薬もゴミもなんでも食べますが、お友達にもおしえてあげよーっとGoodアンコ。
Posted by みいこ at 2007年08月14日 21:51
ぐはっ‥、せ‥先生っ‥
爆笑!!!!!
オブラートを消してまであんこ!!!!

しかし、ワンコって意外と苦いの平気ですよねー。
だってうちのニコはゴーヤ平気で食べますし。
Posted by yoi at 2007年08月15日 07:36
初めまして!

先ほどフレンチブルちゃんで、検索していたら、
たまたまこちらのブログを見つけました!
見てビックリ〜!メッチャおもしろいです〜!!かなり笑いました!院長先生・・・ステキすぎますね・・・。

フレブルは皮膚の病気が多いときいた事がありますけど、早く良くなるといいですね。
横浜に住んでいるので、岡村のカフェにも近々うちのワンを連れて行ってみたいと思います〜。そこは知りませんでした!

また拝見させていただきます♪
Posted by ケイ at 2007年08月15日 12:30
初めてコメントさせていただきます。
以前からファンでちょこちょこと覗かせて頂いていたのですが、今回あまりの面白さにコメントせずにはいられなくなりました!!!
実はうちのも昨年秋から先生にお世話になっていました。今年の春から行ってないんですけど^_^;
初めて行った時、近所のおじいちゃんが太りすぎのゴールデンを連れてきて、旧型の家庭用体重計2台を使って、おじいちゃん2人が(失礼)一生懸命体重を計っていたのもかなり笑えました。
当時はまだオブラートの上からパンにジャムを塗ってあげるようにとの指示でしたよ♪
プーさん、早く良くなるといいですね。
Posted by ゴルかぁちゃん at 2007年08月15日 18:14
すっげぇ〜!!!!!
嗅覚で診断できる獣医。感激☆感動
貴重な存在ですよねッ。
しかも、あんこへのこだわり。
この先生になら任せられるかも・・と思っちゃいました(笑)
プーさん、良くなるといいですね。
Posted by ミゲール事務所 at 2007年08月15日 20:58
■み〜らんさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
ボニィちゃんはお顔のカイカイですか〜
心配ですね…。
米倉病院さんはとにかく正確な診断をしてくれるので
ほかの病院とは一線を画してると思います。
ただうちのプーは根本的な体質改善が必要なので
治療はまた違うアプローチになりますが…。
実家が岡村なんですか?おお〜それは激近ですね!
ぜひアンジンさんによってみて下さい〜
お子様(わんこ)メニューがおすすめですよ!

■みいこさん
薬は良いにしてもゴミも食べちゃうのは困りましたね(笑)
まあプーも似たようなもんですが。

■yoiさん
わざわざ赤線で消しているところに執念を感じますよね。(笑)
ええ〜ニコさんはゴーヤ食べますか!
うちはフクロクは絶対食べないし、プーも微妙に残しますよ。
すごいなぁニコさん。

■ケイさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
フレブルは本当に多いんですよ〜>皮膚トラブル。
困ったものです。
横浜に住んでらっしゃるんですか。
それはぜひアンジンさんに寄ってみて下さい!
ちょっと位置的には分かりづらいので迷っちゃうかもしれませんので
事前に地図などで確認しておくと良いかもです〜。
車は近くの「岡村公園」のパーキングで止めると便利ですよ。

■ゴルかぁちゃんさん
初めまして!コメントありがとうございます。
おお〜ゴルちゃんも来院していたんですか〜。
院長先生…かなりお年なのにそんなことして大丈夫なのかしら(笑)
いや、実際何歳なのかは知らないですけど。
ほほ〜、当時はジャム押しだったんですね!
それがなぜアンコ押しにかわったのか経緯が知りたいところです(笑)

■ミゲール事務所さん
嗅覚診断ってすごいですよね〜
まさに匠の技的な。経験の数がなせる技なのでしょう。
きちんとした診断をしてくれるので
謎の皮膚病になったらこちらに来院すると良いかもですよ〜。
病名が分からないと治療もできないですしね!
Posted by aota at 2007年08月16日 15:37
Posted by てんこちゃん(=阿部容子) at 2007年08月17日 04:13
はじめまして!ごめんなさい、もしかしたら、一回、空メール、お送りしたかも。ずっとフレンチブルちゃんのブログなどで「高齢」ブルちゃんを探していました。だって、皆さん、日本では10歳過ぎは稀、って言うんですもの。私、実はオランダ暮らしでして、ベルギー生まれの、ブーちゃんと同じ白黒の女の子と13年3ヶ月3週間生涯を共にしました。まだ神様にお返しして3週間、涙ホロホロの毎日です。うちの子、カリナは子供のころよくアレルギーが出ました。桜の木を噛んで、お多福さんになっちゃったり。10歳くらいからハゲが治り難くなって、血液検査の結果、甲状腺機能低下症のほかはどこも悪くない、特に心臓はすばらしい、とのこと。低下症の薬を飲み始めてからは、元気も回復、皮膚病も完治しました。歳だから、と思われる前に、検討の価値あり、と思いますよ。うちの子は11歳で乳腺腫瘍ができ、やはり「歳だから様子を見よう」といわれているうちに大きくなり、12歳で「慎重の上にも慎重な」手術の結果、元気を取り戻しました。でも、もっと前に思い切って手術をしなかったのが仇になり、7月初めCTスキャンの結果で肺への転移がわかり、「宇津救命丸」(この赤ちゃん用お薬は、わんにゃんのパパ、ママの絶対必需品!!)とプロポリス、あとはモルヒネで呼吸困難を楽にするしか手だて無く、家で安らかに看取りました。
なにせ私の知っている最高齢フレちゃんは、今年初め22歳で大往生、私もそれを目指したかったんですけれど。
ですから、ね、ブーちゃんもフクロクちゃんもうんと長生きしてね!!うちの子の分もよ!! あ、そういえば、こちらの名獣医さんも、「クンクン」匂いでいろいろ病気、判断してますよ! あんこを試せなかったのは残念! これからも時折お尋ねさせていただきますね。猛暑の折、皆様、ご自愛のほど!!
Posted by てんこ at 2007年08月17日 05:00
また、てんこちゃんです。「また時々お尋ね」の予定が、あんまり面白くて、そして二人の写真が男の子とはいえ、やっぱりうちの娘を髣髴させるところしばしばで・・。それにご家族のご様子、コメント、イラストと、「早く寝よう」の意思に反して拝読拝見止められず。カリナ旅立ち後、初めて大笑いしちゃって、心からほのぼの時間が過ごせました。私、aotaさんの母上より3歳上なんですよね〜。なのに皆さんから「箱入り奥様」と言われている「ダメ妻」で、カリナの闘病中、亡き後とも、ずっとフレブルとチワワのベテラン超元気ママ、静岡の「ゆめママ」にインターネットを通じて助けていただいています。私の娘に当たるお若いaotaさんにも、今後ともよろしくお願いいたしますね。大変なこともいろいろおありでしょうが、一日一日、楽しくお過ごしくださいね。
Posted by てんこちゃん(=阿部容子) at 2007年08月17日 07:37
■てんこさん
初めまして!コメントありがとうございます。
なんと…亡くなられてしまったのですか…
それはお辛いでしょうね。
「ゆめママさん」のブログで経緯を読みました。
13年間も連れ添ってくれた子が逝ってしまう喪失感は筆舌しがたいですね…。
でも精一杯頑張ってくれたてんこさんに最後まで看取ってもらえて
カリナちゃんはとても幸せだったと思います…。
(安楽死を選んでしまう飼主さんも少なからずいるのでしょうから…)

うちのプーも眼球の傷の治療のために抗生剤その他を使い
それをきっかけに皮膚トラブルが再燃してしまったようです。
上記の動物病院さんでもステロイド入の薬を処方してもらいましたが
それで症状を抑えてしまうとまた元の木阿弥なので
症状の激しい時だけ使用して、メインの治療はサプリによる根本的な体質改善です。

しかし、オランダには22歳のフレブルさんがいるのですね!!
22歳…どんななのでしょう、もはや想像もつきません〜
ぜひともプーさんも22歳を目指したいものです。
そして、嗅覚診断は名医さんの万国共通診療なのですね(笑)

まだまだお気持ちが沈んでしまうこともあるでしょうが
そんな時はまた覗いてもらって、気分転換して頂けたら幸いです。
Posted by aota at 2007年08月17日 14:16
行って来たのですね〜!!
先生ビックリする感じの事言うでしょw
我が家が通ってる時はパンとジャムを
一押しでしたよ(笑)
勿論臭いは毎回の様に
クンクンしてました。
でもあんなかんじの先生ですが
不思議と良くなっていくんです!!
我が家では魔法の薬と呼んでます♪

先生愛犬のぶー君に会いました??

良かったらリンクさせて下さい☆
またお邪魔します。
Posted by コテまま at 2007年09月01日 20:18