2008年04月07日

パン放置事件。

先日、aotaと母と姉と盛太が親戚宅から帰宅すると…


451.jpg



フクロクはいつも通り激しいお出迎えをしてくれたのだが
プーさんが来ない。




不審に思いながら居間に入ると



453.jpg



エリザベスが床に転がってる。


留守中はエリザベスを付けさせられているプーさん。
どうやったのかは分からないが
この日は自力で外したようだ。


寝室に入ると隅っこのほうでそっぽ向いてるプーさんを発見。



そして寝室の真ん中には




452.jpg


食卓の上にあったスティックパンが
袋のまま放置されていた。





454.jpg


悪いことをした時、プーさんは絶対に
aotaと目を合わさないので逆に分かりやすい。





しかし妙だ。
中身のスティックパンが食べられている様子が無い。

袋に入っていようが何だろうが
プーさんなら破って食べる。
もしくは袋ごとでも食べる。

奪取できたのに食べないなんてありえない。



455.jpg


母サナエなど、病気ではなかろうかと心配し始めたくらいだ。










しかしその時!

457.jpg


aotaにはこの謎が全て解けた!




この事件にはもうひとりの犯人がいたのだ!


456.jpg

こいつである。






aotaたちの留守中、
何らかの方法でエリザベスから逃れたプーさん。


枷が外れたら向かう場所はひとつ。

それはもちろん食料の宝庫、台所。


エリザベスが無ければ台所の引き戸など
簡単に開けられるプーさんはこの日も難なく進入。



そして食卓の椅子をヒョイと登り
そのまま食卓の上に乗って食べ物を物色。

そしてパンを発見。
「やったぜ!」と机を降りたところで
労せずに後から付いてきたフクロクに待ち構えられて
パンを強奪されたに違いない。



4510.jpg






フクロクは意気揚々と寝室にパンを持ち帰り
ゆっくりと堪能しようかと思ったが











459.jpg


なんせバカなので開けられなかった。





喧嘩は強いがオツムは弱いという、
まさにジャイアンを地で行くフクロク。



そして慎重な性格でもあるので
プーさんのような「袋ごと喰らう」という荒技も出来なかった。




食べられないけどプーさんに取られるのは嫌なので
パンの近くで警戒しながら結局夜になり、
そしてaota達が帰宅したというわけだ。





どうやらこの2ブヒが「協力」という2文字を
覚えない限り今後も盗み食い被害は抑えられそうだ。


ニックネーム aota at 11:21| Comment(13) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする