2007年08月16日

フクロク 初プール


前回、米倉動物病院にてプーさんの検査が終了したあと、

「結果が出るまで時間かかるから、海にでも行って遊びんしゃい!」

と院長先生に言われたのだが
あいにくその日は殺人的な猛暑。
おそらく海にたどり着く前に砂浜で焼け死ぬだろう。


しかし院長の「行きんしゃい」オーラに耐え切れず
病院を出たものの、さてどこに行ったものかと
車でさまようこと30分。

前方に「DOG DEPT」の文字。
しかも犬連れで食事もできるようだ。
朝から何も食べてなかったaotaはこれ幸いと飛び込んだ。

pu5.jpg
店の駐車場から入口まで全速力で走り抜ける2ブヒとaota。





ロコモコを食べて腹いっぱいになったaota。
ブヒたちには犬用アイスクリームをあげる。

人心地ついたがまだ時間はそうとう余ってる。
併設されているドッグランは日陰もあるが、暑そうだ。

しかし中にいるワンコを見つけたフクロクはノリノリである。



aotaとプーさんは日陰のテラスに避難して
フクロクを遊ばせておく。

そうこうするうちにドックランにひときわ大きなワンコが来た。

pu6.jpg

セントバーナードさんである。

大きいワンコ大好きなフクロクは遊んでくれとアピールするけど
セントバーナードさんはお水が好きらしく
ドッグランの端にあるプールに飛び込んでしまった。

pu7.jpg

未練がましくセントバーナードさんを見つめるフクロク。









入れてしまうか。







「だってガヘガヘ言ってて暑そうだしぃ〜」
「だって一緒に遊びたそうだしぃ〜」

など心の中で適当に言い訳をつけつつ
100%の純粋な好奇心でフクロクをプールに投入してみた。






pu2.jpg


ノーリアクションである。


お風呂の時は楳図的悲鳴をあげていたが
今回は無反応。






しばらくしたら




pu1.jpg

ちょっと動いた。



「おお〜なんだ結構いけるじゃないの〜」
と喜んでみたが、よーく見ると




pu8.jpg


後ろ足がプランプランである。

稼動しているのは前足だけのようだ。




pu9.jpg

ビックリして出してやったが


pu10.jpg

気が付くとまたプールに。







pu11.jpg


もう一回投入してみる。









セントバーナードさんをガン見しつつ

pu3.jpg

今度は後ろ足も使って動き始めた。


pu4.jpg

なんだか楽しそうである。

これはひょっとしてプール好きになったのか!?
そのうち海とか行っても泳げちゃったりするのか!?

aotaもウキウキである。











pu12.jpg

気が付くと静かに溺れていた。



どうやら顔を水没させると息ができないことに気づかないらしい。


その後もハアハア口をあけながらナチュラルに水没して
「がぼげはへshgrgs」みたいな感じになっていた。








スイマー犬への道程は遠いようだ。

















tab.gif

maigo.gif

ibaraki.gif

ニックネーム aota at 15:13| Comment(17) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする