2007年05月27日

フクロク 風呂にて絶叫。



プーさんは風呂に入れているあいだ
ずーっと唸り続けているほど風呂が嫌いだ。
なので、入れる方も体力・精神力ともにとても削られる作業なのだ。

後々このような苦労を負わないように
フクロクさんを風呂に入れるときはおやつを用意して
「風呂とは楽しくて嬉しいことがある所」
と思わせることにしていた。



その甲斐あってかフクロクさんは
どちらかといえば風呂好きな犬になっていたと思う。

fu1.gif







だがしかし。

ある日、いつものようにフクロクさんに
「お風呂だよ〜」と言って誘うものの様子がおかしい。

なかなか風呂場には入ってこようとしないので
抱きかかえながら入れる。

すると


fu2.gif

なぜか不信感いっぱいの表情。


すかさずおやつを与えるも、ゆっくり警戒しつつ食べている。
「なんかいつもと違うぞ?」
と思いながらも、フクロクさんの体を濡らそうとシャワーを捻ねると





fu3.gif


回りだした。



どうやらシャワーに当たらないようにしているらしい。
捕まえてもヌルリと腕から逃げていく、そしてまた回りだす。


なぜこんなに突然、風呂が嫌いになってしまったのか。

と、ここで気づいたのは「トリミング」である。
実はその前のお風呂は、とある病院に併設されている
トリミング室でやってもらっていた。

プーさんの診察に時間がかかりそうだったので
ついでに連れてきたフクロクさんも時間つぶしにトリミングしてもらうと
aotaが思いついたのだ。
フクロクさん初のトリミング体験だった。

そこでは体を洗ってもらって、爪を切ってもらって耳掃除もしてもらった。
「フクロクちゃん、とっても大人しくて良い子でしたよ〜」
とお店の人に言ってもらってaotaも安心したのだが……
なにかフクロクさんのトラウマになるようなことでもあったのだろうか。



せっかくここまで風呂好きに仕立て上げたというのに…
まさに今までの苦労が水の泡である。トホホ。







しかし、洗わないで終わらせる訳にはいかないので
シャワーでなんとか体を濡らそうとするも、逃げる。
しかも若さのせいかフクロクさんのコートはよく水をはじくので
なかなか濡れない。

ほとほと困ったaotaが思いついたのは「湯船」

湯船に入れてしまえば充分に体を濡らす事が出来るだろう。
しかし、フクロクさんは湯船に入った事がない。
こんなに風呂嫌いになってしまった今、湯船なんて入れて大丈夫だろうか。


不安を覚えながらも、このままだとaotaも風邪を引きそうなので
湯船の温度をぬる〜くしてチャレンジ。

fu4.gif

怖がらせないように声をかけながら、
足先からそ〜っと入れる。



が、しかし


fu5.gif

fu6.gif










fu7.gif
楳図かずお風


「キャイン」でもなく「キャン」でもなく

「キャーーーーーーーーーーーーー!!!!」

である。


しかも、ホラー映画さながらの高音。
あまりの衝撃にaotaも「ぎゃーー!!」と叫んで、
うっかりフクロクさんを落としそうになってしまった。








aotaの心臓に悪いので
それからはフクロクさんを湯船にいれることは厳禁となった。

今は、おやつ&褒めを駆使して
少しずつお風呂リハビリに励んでいる。



ニックネーム aota at 12:42| Comment(13) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

母サナエ ツンデレ疑惑


サザエではない、サナエである。
そう、今回はaotaの母・サナエの話だ。


haha1.gif



母サナエは動物が好きではない。
幼少期からこれまでの人生において、
一度たりとも動物と触れ合いたいとか飼いたいとか
思ったことなど無いのだと言う。


曰く、

「私は世話されたい側の人間。なぜ私が他人の世話、
ましては動物の世話などしなくてはならないのか」


とのこと。



しかしそんな母サナエの思いもむなしく、
二人の娘は幼少時から容赦なく家に動物を持ち込んできた。


haha2.gif


カメ、ひよこ、金魚、うさぎ、猫、鳥、ハムスター・・・
なんか他にも色々いたような気がするが、
とにかく思い出せないほど次から次へと勝手に飼育しだす娘達。
しかし所詮は無責任な子供の仕業。結局最終的に母も飼育に巻き込まれる。


そんな迷惑かけられっぱなしの母サナエだったが、
結局54歳に至る現在においても、本人の意思に反して
ブヒ2匹にまみれて生活している。

なのでよく愚痴をこぼす。



「大体、小さい頃から回りの子供が動物欲しいとか喚いていても
私だけはぜーんぜん欲しいなんて思ったこと無かった。
なのになんでこんなに犬が家にいなきゃならないのよ
犬なんて世話はかかるしうるさいし犬臭いし・・・ブツブツ」

haha3.gif

などと、ブヒ2匹を乗せて車で移動中に文句を言い出したりする。
しかしその30秒後、


haha4.gif


haha5.gif


haha6.gif


haha7.gif


結構ノリノリである。





スーパーに着いたので買い物する。
うちは手作り食なので犬たちの食材を物色していると

「毎日毎日犬のご飯作りに追われてまったくまいっちゃうわ。
人間のご飯ですらロクなもの作ってないのに!
だいたい犬なんてドッグフードか人間の残飯でいいんじゃないの
本当にうちの犬たちは贅沢なんだから・・・ブツブツ」

などと愚痴ってるその手が持っている肉のパッケージには

haha8.gif

「最極上高級肉」

の文字。


aotaがおそるおそる「こっちでいいんじゃないの?」と
「バラ肉大詰めお買得パック」を指差したが、




「やだ!そんな脂がいっぱいの安い肉を

食べさせたらプーさんにコレステロールが

溜まっちゃうじゃない!」




と怒られてしまった。


これはもしかすると
ツンデレ(ツンとした態度をとるが実はデレデレという状態の略語らしい)
というやつか。








母サナエ、なにげに時流に乗っているようだ。
ニックネーム aota at 08:03| Comment(12) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

プー 災難続き。

さて、腰痛を抱えていることが判明したプーさんだが、
5月4日の誕生日付近までは割と回復しつつあるように見えた。

歩く回数が増えてきたし、散歩にも行きたそうな感じだった。



が、次の5月5日になるとまた寝込んで動かなくなってしまった。
痛み止めの薬も飲ませているし、なぜまた逆戻りしてしまったのか。

「腰痛だし、11歳になったし、もしかして気力も衰えて本当の老人になってしまったのではないか」
という噂がaota家ではまことしやかに流れていた。

そしてGW最終日、寝ているプーさんを起こして夜ご飯が出来たよ〜と知らせた時である・・・



なんと



me1.gif



前回負傷した左眼がまた真っ赤になっているではないか。





「これはまた結膜炎になっている!」と確信したaota。
しかし翌日は仕事が鬼のように溜まっているGW明け。
しかたなく姉に病院に連れて行ってくれるように頼んでおいた。





翌日、仕事から帰宅したaotaを待っていたのは


点眼薬3種。




姉によると、いつも診察をお願いしている先生は手術で不在だったらしく
今回は違う先生に診てもらったらしい。



プーさんは目薬を打とうとすると、怒り狂い&暴れまくるので

me2.gif
こんな感じ



逆に目に当ったりして危険だと言うことになり、
前回は投薬によって時間をかけながら完治させたのだが

今回の先生はその方法が気に入らないらしく、

「時間をかけてじっくり話せばワンちゃんは絶対に分かってくれて怒らなくなります!」

と姉に力説して点眼薬を渡したらしい。



姉もなんとなくその気になっているので、
仕方がなくaotaが説得にあたった。








me3.gif



me4.gif


me5.gif


me6.gif


me6.gif


me6.gif


me9.gif


me10.gif


me11.gif












me12.gif


















me13.gif

3人掛かりでやるとスムーズにいった。




プーさんは基本的に人の言葉がわかる。

しかし嫌なものは嫌なのだ。そういう犬だ。





その後、aota家の女3人の努力により
プーさんの目は飛躍的に回復。
赤みも取れ、目薬に抗生物質も含まれているので
肌も綺麗になり(やめたら元に戻るけど)
腰の痛みもかなり引いてきたらしく
近年稀にみる絶好調ぶりである。
ルンルンで散歩に飛び出す勢いだ。



そして、かわりに女達の指先には生傷の数が増えてゆくのであった…。
ニックネーム aota at 00:28| Comment(20) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

5月4日、プー11歳 フクロク1歳に。

5月4日はフクロクさんの誕生日である。

プーさんは色々事情があって「5月生まれらしい」ということしか
分からないので、とりあえず一緒の日を誕生日にしておいた。

そんなわけで、2ブヒ的には理解していないだろうが
4日は朝からお祝いづくしとなったわけである。


まず朝、「チョビっとおじゃまんま」
のんさんが贈って下さったプレゼント!

tn17.jpg

スリードッグベーカリーの野菜スティックのお菓子と

tn18.jpg

手作りワッフルを頂く。


tn29.jpg
どうぞ。

tn30.jpg
朝からハイテンションな食いつきっぷりである。
本当にありがとうございますのんさん!






tn3.jpg
夕方からアンジンさんへ。
腰痛のプーさんはカートにin。
本日はお誕生日会をするべく、ケーキの予約もしておいたのだ。



tn4.jpg

そして5月4日はなんと偶然にも
看板犬の涼君も同じ誕生日だったのだ!
4歳の誕生日、おめでとう涼君!


tn5.jpg
旅行にもご一緒させて頂いた
「健康君・頑丈ちゃん・幸甚ちゃん」も来てくれました!
みんな一つのケージに仲良く入って登場です(笑)

そしてなんと!プレゼントを頂いてしまいました。

tn6.jpg
低反発枕2コとオモチャ。

tn13.jpg
そして可愛〜いクッキー。

ありがとうございました!さっそく後日寝てるところに
低反発枕を差し出したら、フクロクさんがハムハムしてました。
明らかに使い方が間違っているけど、とても喜んでいました。


そしてハウル君ママさんにもプレゼントを頂いてしまいました!

tn14.jpg
海の音がする面白いオモチャと

tn15.jpg
プーフクにサプリでも飲ませてるグルコサミンが入ったお菓子。
関節の強化に役立つのです。

ありがとうございました!





この日はとっても暑くて、わんこ達もバテ気味。
アヘアヘしてる彼らに涼パパがミルクをくれました。


みんなで仲良く飲みましょう。
tn20.jpg
フクロク「わーい」
ミュー君「わーい」
涼君  「わーい」



tn21.jpg
フクロク「美味しいー」
ミュー君「……」
涼君  「パパー、フクロクの顔がでかすぎて俺ら飲めないよー」




その頃厨房では涼ママがノリノリ?でケーキ作り。
tn7.jpg




そして………………

こんな素敵なケーキが!

tn8.jpg
プーさんフクロクさんのネームと年齢入りです〜!
豪華でボリューム満点!

tn9.jpg
こちらは涼君のケーキ。
可愛いハート型です。


tn10.jpg
ジャジャーン。
みんなで食べましょ〜う!


2.jpg
マジ!?食べていいの?ホント!?これいいの!?



tn11.jpg
どうぞー。


tn12.jpg
うまっ!うまいって!やばいって!
プーさんの顔もやばいって!


tn16.jpg
残ったケーキは可愛い箱に入れてお持ち帰りです。
あと2〜3日は食べられるね!
涼ママさん本当にありがとうございました!


来年の今頃も2人とも元気で誕生日のお祝いできるといいねー。
そしてまた1年、aotaと一緒に楽しい思い出を作りましょう。
ニックネーム aota at 00:03| Comment(15) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

aota家 災厄の1週間

それは23日の月曜日、
フクロクさんの下痢から始まったのであった・・・。
何が原因なのかは分からないが、横になってても
「ぴ〜ひゃらり〜」という音がお腹から聞こえてくるほどだった。


火曜日。
盛太が発熱しているので病院へ。
風邪とのことで家で安静にさせておく。
フクロクさんはまだピーヒャラ状態。


水曜日。
朝の散歩に行こうとしたらプーさんがテコでも動かない。
夜、仕事から帰ってきてもやっぱり動かない。

姉は盛太が四六時中ダッコをせがむのでダウン気味。

フクロクさんは自力で回復した様子で元気だった。


木曜日。
盛太の様態は依然悪い。熱下がらず。
金曜日までこのままだと入院だと医者に言われる。

aotaとプーさんは動物病院へ。
レントゲン検査・エコー検査・血液検査と
検査尽くめで計6時間かかる。
検査のたびに14kgのプーさんを抱えて診察代に上げ
終われば下ろす作業で、ヘルニア持ちのaotaの腰から
不穏な空気が漂いはじめる。
そして、プーさんの検査結果・・・



老化性の腰痛。



安静にしていれば治るとのこと。
どうやら病院に来たのは、プーさんにしてみれば余計なお節介だったようだ。

ちなみに血液検査で、プーさんの各種臓器関係は完全に健康であることが判明。
aotaは関節炎を疑っていたのでレントゲンを撮ってもらったが
股関節も骨の磨り減り等が無く、健康そのものらしい。
良かった良かった。


家に帰ると、姉がダッコ地獄による腰痛で苦しんでいた。
aotaもプーさん上げ下ろしによる腰痛で布団にダウン。
プーさんも老化性の腰痛でダウン。

腰痛トリプル災害である。



夜目覚めるとaotaは発熱していた。38.7℃・・・。
盛太の風邪が移ったのだろうか。


金曜日。
aotaの熱も酷かったが、
盛太の高熱も下がる様子はない。
大学病院の紹介状を貰って入院のため転院。
一通り検査し終わった盛太を連れてきた医者が姉に一言。
「インフルエンザです。タミフルを処方しますから家に帰って下さい」

なんと元々の病院はインフルエンザ検査を行っていなかったらしい。
症状はインフルエンザっぽいのに、風邪だと言われるので
おかしいな〜と思ってたら、検査自体してなかったようだ。
aota家は何故かよく医療ミスに出くわす。

盛太のタミフルを分けてもらってaotaも飲んでおいた。



この1週間、うちで何にも災いがなかったのは母だけだった。
17時に終わる仕事なのに帰宅が22時になるという不良中年だったのが
幸いしたのだろう。
おかげで散歩要員&介護要員は確保できた。

これもまたリスクマネジメントか。





そして最後の災厄。

aotaがブログのイラストを描くのに使っているペンタブのペンが・・・・

988.jpg
通常の状態。


P4290756.jpg
金曜日の夜に発見された無残なお姿。




犯人はもちろんフクロクさんである。



完全取り寄せ商品(しかも6000円近くする・・・)なので1週間はかかるらしい。
とほほ。



そんなわけでブログの更新はしばらく写真のみになりそうです。




P4280750.jpg
「わしももう無茶できんのぉ〜」と寝込む老犬プー。


P4280752.jpg
それを見ながら静かに下克上を狙うフクロク。






aota家の順位に変動がありそうな予感・・・ドキドキ。



ニックネーム aota at 13:20| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする