2007年03月29日

フクロク 隣の芝生が青くみえだす。

最近フクロクさんが食事を残すようになった。


s1.gif



以前、胃炎をやった時もやっぱり食事を残していたので
aotaと母は「また胃炎か!」と、とても心配した。





が、

食事を途中で止めたフクロクさんは毎回、

s2.gif

プーさんの食事場所にダッシュで駆けつけ、



そして食器にへばりついてたり、
床に落ちてたりするものを大興奮で食べるのだ。

s3.gif



そしてフクロクさんの食器には半分近く残ったご飯。

しかもそのあとも自分の残ったご飯を
食べようとしないという小憎たらしい態度。




どうやらフクロクさん、


s4.gif


隣の芝生が青く見える病患者らしい。







そこで同じ食事を用意してみた。


やはり自分の食事も終わらないまま
プーさんの食器についた残り物などを漁るフクロクさん。

s5.gif




s6.gif


s7.gif


s8.gif





s9.gif



s10.gif



s11.gif





s12.gif

s13.gif
s14.gif







それ以来、「隣の芝生は青い」病が治ったかというとそうではなく・・・


とりあえず自分の食事を全部食べてから(食べ散らかしててかなり汚いけど)
プーさんの所へ駆けつけるようなった。


でもプーさんの方が食べるのが全然早いので(早食い4位ですから)
ピッカピカになったプー食器を
フクロクさんが無意味に舐めているあいだに、
食べ散らかしたフクロクさんの食器周辺を
プーさんが悠々と掃除している図が日常となったaota家であった。



ニックネーム aota at 01:14| Comment(9) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

プー 目を治すも次は皮膚。

プーさんの目の診察に、朝早くから病院へ行った。
ついでにフクロクさんも一緒に診てもらう予定。


実はフクロクさん、先日気づいたのだが
顎に赤い発疹があるのだ。
k2.gif


プーさんは目の治療のため食事療法を一時中断しているため
アレルギー再発。痒いので掻くのとエリザベスカラーで蒸れるため
顎の下がひどいことになっていた。
そして弱った皮膚に追い討ちをかけるかのようにアカラスも発症した。
k1.gif


そのアカラスにフクロクさんも感染したのではないかと
aotaは不安に慄いていたのだ。




診察の結果、プーさんの目はもうほとんど心配ないくらい治っているとのこと。
あとは治療中に悪化した皮膚の治療に移ることになった。
目の薬の服用は終了して、その日はアカラス用の注射を尻にプスっと打たれた。

カラーも、様子を見て徐々に外す時間を増やしてくださいとのこと。
プーさん、やっとエリザベスとの戦いに終止符を打てそうだ。

そのかわり、プーさんが心から憎む「入浴」との戦いが
週2回開催される予定である。
aotaの気力も充填しておかなければ・・・。




ちなみにこの日、待ち合い室で一緒になった元アレルギー皮膚病患者の
パグちゃんの飼い主さんに教えてもらったのだが、


皮膚病には「ツムラのバスクリン」

を使って湯船に浸からせると良いそうだ。

診察の時、先生にも聞いてみたのだが
「ああ!あれは効きますよ。是非試してください」
とのこと。

プーさんで試してみるけど、アレルギーで悩む飼い主さんも
試してみてはいかがだろうか。
※使った後、体が異常に赤くなったり、
その他の明らかな異常があった場合はもちろん使用中止。
お湯でよく洗い流してください。



早速購入。
P3250395.jpg





で、フクロクさん。
検査結果はただのニキビでした。

良かった・・・アカラス患者が2匹になったらどうしようかと思った。

まあ、思春期だしな。ニキビもでるわな。

とりあえず散歩や食事が終わった後、蒸しタオル等で拭いたり
清潔にしておかなければ。




目指せアカラス撲滅。
目指せニキビ撲滅。




ニックネーム aota at 10:38| Comment(13) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

フレンチブルドッグ大運動会に参加する(2)


集合場所に行くと、ドッグレースはまだだったが
集合写真を撮っていた。
あまりの人+ブヒの多さに2回に分けて撮影。
aotaは2番目のほうに参加した。

ちゃっかり前に陣取るaota。
といっても最端なので写ってるかどうか・・・(笑
u47.jpg
↑には一部しか写ってないけど、そりゃあもう凄い数だった。


続いてドッグレースに参加するために列に並ぶ。

プーさんは走らないだろうが、まだ元気なフクロクさんなら
結構いけるかもしれないと淡い期待を抱きつつ順番を待つ。

その時、後ろに並んでたくるみちゃん。
u48.jpg

プーさんが年甲斐もなく、やたら猛アタックしてた。
u49.jpg


一方フクロクは・・・

u50.jpg


なぜか男の子に気に入られていた。
u51.jpg


あまりの待ち時間の長さに飽きたプーさん。
他の飼い主さんにナデナデを要求。
マッサージされて至福の表情。
u52.jpg

u53.jpg



列に並んでる間に出会ったブヒちゃん達。


u54.jpg
凛々しいお顔のイケメンブヒちゃん。

u55.jpg
ムチムチボディと白とピンクのハート柄服がとっても似合ってて
むちゃくちゃ可愛かったブヒちゃん。


u56.jpg
カートに乗ってた3ブヒちゃん。

u57.jpg
常に先頭で後ろの2ブヒを守るかのように立ってたもみじちゃん。

u58.jpg
もみじちゃんを見つめるかえでちゃんとuちゃん。

u59.jpg
紅白帽を被って再登場のふれおちゃん。




さて、肝心のレースの結果は・・・。

最初に走ったプーさん。
購入したサーモンジャーキーをちらつかせて呼び寄せたものの
「おいおい走らせるのかよ・・・めんどくせーこっち持ってこいよー」
みたいな顔して、のしのし歩いてゴール。
7秒越えという結果にも何故か観客から拍手が。
11歳だと紹介されたからだろう。
プーさん、普段はもっと早くシャカシャカ走れるんだよ・・・
ちょっと複雑な気分で苦笑いのaota。

しかしのんびりしてる暇はない。
すぐにフクロクさんの番だ。

さあ、いつもの猛ダッシュを見せるんだフクロク!

・・・・・・が、スタート前から明らかにフクロクさんの視線が

周りのギャラリーに向いてることに気づくaota。

スタートの声と共に放たれたフクロクさんは
必死に呼んでるaotaを無視し、囃したてるギャラリーのもとへ。

「なに?なに?みんななにしてんの?なんかあるの?」

とギャラリー一人一人の顔を見ながら練り歩くフクロクさん。
特に構って貰える訳でもないようだと気づくと、

レース場の匂いを嗅ぎ始める。


しっこでもされたら大変なので
傍によって「フクロクさん・・・こっちだよ・・・」と言うと
「あ、そうなの?」みたいな顔してトコトコ付いてきた。

記録、16秒越え。

ワースト2位でした・・・。



いや、しかしaota家の2ブヒはまだこれからである。
メインイベント(勝手に)の早食い競争が残っているではないか!


皿に入った5粒のフードを早く食べた者勝ちという競技。
最初の1次予選。
母がフクロクさんを持ち、aotaはプーさんを持って開始。

駄目だ、明らかに雰囲気に呑まれてるのか
プーさんにいつものガッつきが無い。

のんびり食べ終わる。がっかりして終了の合図の挙手をすると歓声が。
「同時ですね!では2組準決勝へ」とか言ってる。

廻り見たらみんなまだ食べてた。

で、となりを見たら母が手を上げてた。


プーフクロク、準決勝へ。






だがさすがに選び抜かれたブヒ達。
準決勝でフクロクは敗退。

同時に手を上げた3組が決勝へ。
プーさんは辛くもその中に入りました。



決勝戦。
勝負事が大好きなaotaは、もうすっかり鬼コーチように。

u60.jpg


スタートの声と共に「はぐっ」と一気に5粒を口の中に入れる。

だがしかし、年齢のせいなのか最近めっきり口元がゆるいプーさん。

ポロリと口の端から1粒落ちました・・・。


無念の4位。とほほ。

まあ面白かったから良しとしよう。
プーさんも計15粒食べて満足気だし。

会場を出てまた沢山のブヒ達と交流していると、
ドッグレースの表彰式が。

u61.jpg


チョビ殿様、優勝してる(笑)








このあとは、ショッピングの鬼と化してた姉と合流。
マックのテラス席でまったり休憩。

カートの中で爆睡しているプーさんと、


u62.jpg
スリングの中で爆睡してるフクロクさん。

フクロクさん、移動中もスリングの中で仰向けになって
グーグーいびきかいて爆睡。

多数の通行人に笑われておりました。






運動会で仲良くしてくれた飼い主さんたち
ありがとうございました。
とっても楽しかったです。

いっぱいブヒさんのお名前を聞いたのに、
aotaの鳥頭では覚えきれず・・。
写真に載ってるけど名前無いのはうちのブヒだよ〜とかあったら
言って頂けると助かります(汗


ニックネーム aota at 15:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレンチブルドッグ大運動会に参加する(1)

南町田のジョーカーさん主催で行われた
グランベリーモールのフレブル大運動会に参加したaota家。
と言っても母と姉と盛太は到着後aotaとは別行動である。
彼らは早々に店内へショッピング&食事しに消えていった。

これで心おきなくaotaもフレブルにまみれて
ウハウハになれるので別に寂しくは無い。



ジョーカー前に行くとすでにブヒブヒと
フレブル声を出しながら大勢集まっていた。
なんと、この日は120匹のブヒが集まったそうだ。

「う〜わ〜!たまんねぇ!ブヒまみれ!うはー!」
と阿呆みたいに口開けて興奮してたら
なんとチョビママさんに声をかけられる。

u2.jpg
本物のチョビ殿だ。

u3.jpg
名刺を作らせて頂いたので写真は穴があくくらい見させて頂いたが
動いてる本物はやはり10倍は可愛い。やばい。


この後、写真撮影のためジョーカー店内にて長蛇の列に並ぶ。
店内にも可愛いブヒ達がうごめいていたが、2ブヒの制御に
いっぱいいっぱいだったので写真を撮る余裕はなかった。

写真撮影現場に近づくと、セットの椅子の上で
モデル犬のごとくお利巧にしているブヒ達。
プーさんはまだしも、フクロクさんがあんなふうに
お利巧さんにできるわけがない!と不安のあまり
挙動不審になっていたaotaだったが、実際椅子に乗せてみたら
意外にも2ブヒとも大人しくしてくれた。は〜〜良かった。

ヘロヘロになって店内を出る。
参加予定のドッグレースまでに相当時間があるので
お店やモール内を見て回ることにした。
というか、ブヒ達に会いに行ったというか。

u4.jpg

u5.jpg

u6.jpg

u12.jpg

u13.jpg

u13.jpg

u15.jpg

u17.jpg

ミゲール君。
しなやかな(というか不思議な)動きで接近してくれました(笑
とってもフレンドリーで可愛い子。
u17.jpg

u43.jpg

u44.jpg

u46.jpg


前方にピンク色の小柄で可愛いブヒさんを発見。
aotaが以前からブログを覗かせてもらってた
「さくらのおてんば日記」のさくらちゃんだ。

u8.jpg

u9.jpg

u45.jpg

は〜〜可愛い。たまらんです。



しばらくグルグル歩いていたが、
プーさんが自主的にカートに乗り出したので
休憩をとることにした。犬OKのテラスがあるお店に入る。
最初は雪がちらついてたくらい寒い日だったので
「うへぇ、外しか食べるとこないのかよ」と思ってたが
大きなストーブが設置されてたので意外に暖かかった。
ストーブの近くにプーさんの乗ったカートを置く。


ごめんよ、疲れたんだねプーさん。

u19.jpg

u20.jpg


プーフクともテンションが低くなってきたので
おわびにお店のわんこメニューにあったサーモンジャーキーをご馳走する。

u21.jpg

u22.jpg
(プーさんは目の治療中のためアレルギーの食事療法は只今解除中)

u23.jpg


aotaは朝から何にも食べてないので食事しようと思ったが
フレブルにまみれて胸がいっぱいのため、空腹感はあまりない。
なので軽くデザートでもと思って注文したら、

u24.jpg
すごいの来た。

体の2/3くらい糖分で出来てそうなaotaなのだが
さすがにこれは少し残してしまった。でもうまかった。


しばらくすると、チョビ家が店内に。
一緒にランチとなった。

u25.jpg


チョビ殿は本当に可愛い。
くちたぶはピンク色だしモチモチしてるし長いし目が優しいし。

u26.jpg

u27.jpg



そしてなんと、チョビママさんに
ブログに載ってたあのパンをご馳走になる。

u28.jpg

あんまり美味しそうなのでaotaが食べてしまおうと思ったが
どんな飼い主だと思われそうなのでやめておいた。


わらわらと群がるプーフク。
u29.jpg

明らかにサーモンジャーキーの時より目が真剣だ。
u30.jpg
u33.jpg



u32.jpg

u34.jpg



u35.jpg

u36.jpg




いつのまにか、フレブルで一杯になってた店内。
その中に体操着軍団を発見。うへぇ可愛い・・・!

u37.jpg


体操着軍団のなかの1人、ふれおちゃん。
u38.jpg

なんとふれおちゃんはパーク崩壊(広島じゃないほう)で救出された子。
u39.jpg

里親さん募集中だそうです。
すごくおりこうさんで良い子です。
早く、大切に可愛がってくれる里親さんが見つかるといいけど・・・。
うちは小さいの3匹で一杯一杯だしなぁ・・・。


満腹になって店を出るとまたブヒに遭遇。
うさぎちゃんと冬馬君。
u41.jpg

最近男に目覚めかけてるフクロクさん。
うさぎちゃんのスカートに顔を突っ込むという失礼千番な行動に。
u40.jpg

しかもしつこい。
u42.jpg


そろそろ時間なので、集合場所に移動することにした。
長いので(2)に続きます。
ニックネーム aota at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

2ブヒ+1人 久々に休日を満喫。


実はデジカメのUSBを2月くらいから無くしていたaota。


家の中で無くしたので、いつか出てくるだろうと呑気に構えていたら
結局1ヶ月近く行方不明になってしまった。

そのUSB、最近見つかったのだが

何故かプレステの本体に差し込まれていた。
母か姉の仕業だと思うが意図がわからない。なぜこんなことを。



そんなわけで久しぶりの写真である。



土曜日、プーさんの病院の帰り、

姉の離婚騒動で目の回るような忙しさに巻き込まれ
久しく行けなかったアンジンに遊びに行く。


テラスにいた初対面の、イタリアングレイハウンド
VITO君に挨拶するプー&フクロク。

a1.jpg


プーさんはいつものように挨拶を3秒くらいで済ませ、


a2.jpg

a3.jpg

その後は飼い主さんの足元にどっかり座って、撫で撫でを強要。

a4.jpg


a5.jpg


a6.jpg


a7.jpg


痛がっている様子ではなかったが、大慌てで止めるaota。
甘噛みなのは分かっているが、相手はイタリアングレイハウンドである。
いつもビヨンビヨンのたるんたるんなプーさんを相手にしているフクロクさんが
そのままの力加減でやったらえらいことになる。

店内の机にくくりつけておこうかと思ったが、

VITO君の飼い主さんが
「こっちも遊んでるみたいなので大丈夫ですよ」
と言うようなことを言って下さったので、
テラスにフクロクさんをくくりつけて置いておいた。


すると身動きできないフクロクさん、
悪代官みたいな顔でVITO君に何か言ってる。

おそらくVITO君の頭の噛み心地が良かったのだろう、
もう一度ハムハムさせてくれと交渉しているようだ。

a8.jpg


しばらく2匹でフムフムしてると思ったら


VITO君なにを思ったか


フクロクさんに頭を差し出す。




a9.jpg



犬の世界はなかなか奥が深い。






VITO君が去り、
aotaがランチを食べてまったりしていると
お友達のみゅー君が来た。

そこで、看板犬涼君とみゅー君とフクロクさんは
涼パパさんにボールで遊んでもらうことに。



みんなボール大好き。
フクロクさんもボール大好きだが、
犬好きな犬なので、みんなと遊べることがなによりも嬉しいようだ。

a10.jpg
ワクワクしているフクロクさん。



a11.jpg

強引さと顔のでかさで、無理矢理ボールキープ率を高めるフクロクさん。

見よ、この嬉しそうな顔。


でも、みゅー君の素早さと柔軟な身のこなしに
ボールを取られることもしばしば。
強引にボールを奪い返そうとしても、
ヒョイとテラスの椅子に乗られてフクロク手が届かず。

どうするのかなーと見ていたら

a14.gif

椅子を力任せにぶっ叩いて揺らして
みゅー君を落とそうとしていた。



行動がジャイアンである。







その後、すっかり遊び倒して床にへたれてるフクロクさんと
aotaの膝の上でグーグーいびきかいて寝てたプーさんに

a12.jpg


わんこメニューをご馳走。




a13.jpg


ブヒも人も、満腹で幸せな気持ちになりました。


ああぁ、休日っていいなぁ〜(今書いてるのは木曜日)


ニックネーム aota at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

姉 出戻る。

姉が出戻ってきた。
もちろん前回登場した「盛太」2歳も一緒にだ。


実は今年に入って、泥沼の離婚闘争が勃発。
3月に入ってからはほぼ実家にいたのだが
このたびめでたく?正式に離婚が成立したので
これからはaota家に一緒に住むことになった。

d1.gif



正直、aota家にとって一大事である。

しかしまあ、決まってしまったものは仕方ない。
大きい女3人と、小さい生き物3匹で
うまいこと共存していくしかないだろう。

aota家は2階建てなのだが、
これまで全員ほぼ1階のみで生息していたため
2階に姉親子、1階に母とaota、そしてブヒ2匹
という住み分けに決まった。



さて、肝心のブヒ達の状況だが・・・

プーさんは「また面倒臭いのが来た・・・」という態度でそんなに変わりない。
彼にとっては宿敵エリザベスとの戦いのほうが目下重要のようだ。
しかし、お客さんだった頃とは違い、盛太にしつこくされると
「ぐるるるるる〜」と威嚇するようになった。

目が痛いし、カラーにより皮膚病が悪化しているので
常に不機嫌状態なのが合わさってるのかもしれない。

もしかしたらこれから長い間一緒に生活することを悟って、
盛太を教育しているのかもしれないが。



プーさんよりも影響が大きかったのはフクロクさんだろう。

今まで、朝起きて散歩行ってご飯食べて、
人間が留守なので昼間は眠ってすごし、
夜はaotaと母に愛でられて就寝。という
単調な生活を送ってきたのに

いきなり、ずーーーーっと姉&盛太が家にいるわけである。
昼間、盛太に構われ構いつつ遊び、夜になると疲れ果てて
人間より先にグーグー寝るようになった。
あんなに体力が余りすぎて寝るのを拒んでいたフクロクが。

正直、aota的には大助かりである。



しかしそれだけではない。

なんと、フクロクは生まれて初めて
群れの中の順位というものを意識し始めたようだ。

プーさんにマウンティングされても
憮然とした表情ながらも大人しくしていたところをみると

フクロクのなかではいままで
aota>母>プー>自分
という群れ順位だったのだろう。

それが一挙に2人増え

aota>母>姉>プー>自分?盛太


そう、今まで最下位だった自分。
それが微妙な立場の生き物(盛太)が来たのだ!

そんなわけで、隙をみては盛太にマウンティングしたりと
努力してアピールするフクロクさんだが、


d2.gif



なぜか


フクロクさんのことが大好きな盛太。





d3.gif

d4.gif

d5.gif

d6.gif





子分ができたと思ったのに、
意外に面倒臭くて辟易しているフクロクさんであった。


ニックネーム aota at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

プー 進化する。



さて前回、目を負傷して初エリザベスカラーとなったプーさんだが

m1.gif






その後、数週間も経つと、彼はさらなる順応を遂げた。



例えば下に置いてある物に引っ掛かれば…

m2.gif


m3.gif





狭い場所をすり抜けようとして、壁に引っ掛かれば…


m4.gif


m5.gif




プーさんは元来、体よりも頭を使って生きてきた男である。

人間の留守中に、知能を駆使し幾多の難関を乗り越え、
台所へ侵入し盗み食いをして、
腹を限界まで膨らましてみたりする男である。

そんなプーさんに、こんな障害は屁でもないようだ。






しかし、aotaはある日
プーさんの進化が危険な方向に進んでいるのを目撃してしまった…。

なんと

m6.gif

床に顔をこすりつけるようにして掻いていたのだ。



顔を掻いて目を傷つける行為を防ぐために装着されたカラーなのに


これでは全く意味がない。







という訳で、病院へ直行。
診察の結果は良いものだったが、
aotaがプーさんのイケナイ進化をお医者さんにチクると、

m7.gif



特別仕様…一体どんなものが出てくるのであろうか。
薬と一緒に渡されるであろう特別仕様カラーを
少しワクワクしながら待っていた。



かなり待っていた。




というか遅い。



痺れを切らして受付の人に聞いてみる。
すると、
「ああ、いま先生が作ってますから、もうちょっと待って下さい」
と言われた。




自作か。



そして30分後


先生が晴れやかな顔で持ってきた
特別仕様手作りカラーを装着。





m8.gif


おそろしくでかい。





でかすぎて、カラーが地面に付くのがデフォな有り様。






家に帰っても、さすがに意気消沈している様子のプーさん。


aotaはチクったことに対して、ほんのり罪悪感を感じながら、
「プーさん、これも全てお前のためなんだよ…頑張れ!」と
適当にエールを送っておいた。







数日後、

m9.gif

プーさんは特別仕様カラーにも順応していた。
さすがとしか言いようがない。






おそらく目の傷が治る頃、
プーさんの首筋は、今までになく進化していることだろう。


ニックネーム aota at 23:38| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々のまったり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする